Category Archives: 2011

private [+] in Vienna

private [+] in Vienna

date : 4. February 2011
place : TOP KINO CENTER
http://www.topkino.at/jart/projects/top-kino/main.jart
admission fee : free
presented by Johann Lurf

program :
Björn Kämmerer – Gyre (2010) 9min
Johann Lurf – Endeavour (2010) 16min
Nikolaus Eckhard – Space Time Dog (2010) 5min
Martin Putz & Martin Reinhart – Heartless Movies (2002) 3min
Martin Putz – Analog Colortests (1996-2000) 3Min
Björn Kämmerer – Turret (2011) 10min
Shinkan Tamaki – Africa I (2010) 11.5min
Makino Takashi – still in cosmos (2009) 18min
Total 75.5 min

-

TARA JANE O’NEIL / HELLL / MAKINO TAKASHI


TARA JANE O'NEIL / HELLL / MAKINO TAKASHI

2011年6月29日(水)19:30開場 20:00開演
@Forestlimit(渋谷区幡ヶ谷2-8-15 幡ヶ谷K3ビルB1F)
料 金  前売2,000円、当日2,500円
出 演  TARA JANE O’NEIL、HELLL
上映
ヴァネッサ  レンウィック - Portrait #1:Cascadia Terminal - Score by Tara Jane O’Neil
牧野 貴 -Inter View- music by Tara Jane O’Neil & Brian Mumford  (HD上映)
キーヴィジュアル  原田 淳子
企画・制作  安永哲郎事務室、[+]、Sweet Dreams Press
お問い合わせ  E-MAIL: tet@helll.org TEL: 090-9817-4530(安永)
詳細  http://jimushitsu.blogspot.com/2011/05/tara-jane-oneil-helll-makino-takashi.html

29 June. 2011(Wed.) 19:30 door 20:00 start
@Forestlimit, Tokyo
admission fee  2,000yen(advance) 2,500yen(at the door)
Live:  TARA JANE O’NEIL, HELLL
Film screening:
Vanessa Renwick - Portrait #1:Cascadia Terminal – 6min 2005 16mm hand processed and tinted to video Cinematography and editor: Vanessa Renwick, Online editor: Tim Scotten, Score by Tara Jane O’Neil
Makino Takashi - Inter View - music by Tara Jane O’Neil & Brian Mumford

presented by  Tetsuro Yasunaga Jimushitsu, [+], Sweet Dreams Press
E-MAIL  tet@helll.org

for more information  http://jimushitsu.blogspot.com/2011/05/tara-jane-oneil-helll-makino-takashi.html

-

「Here, There, and Between: アメリカ実験映画の現在」


america 2011


7月2日(土曜日)
16時30分開場 17時00分上映開始 ※17時の回が追加されました!
18時30分開場 19時00分上映開始 
料金1500円(1ドリンク付き)
@渋谷UPLINK FACTORY  http://www.uplink.co.jp/factory/

「Here, There, and Between: アメリカ実験映画の現在」

アメリカ(There)の実験映画作品を日本(Here)で上映し、現代実験映画を考える機会にしたい、という思いを込めたプログラムです。上映では、2008年ロッテルダム国際映画祭で Tiger Award for Short Film を受賞したジーン・リオッタのObservando El Cielo、昨年のアナーバー映画祭で Award for Most Promising Filmmaker を受賞したライダ・ラートスンディのMy Tears Are Dry、また今年4月のサンフランシスコ国際映画祭でプレミア上映されたサラ・ビアギーニのI Swim Nowなど、海外の実験映画シーンで話題となりながらも日本では未だ上映されていない作品を紹介します。

(19時の回上映終了後、映像作家/キュレーター西川智也と映像作家牧野貴による作品解説及びトーク有り。)

上映作品
スコット・スターク – Driven 2005 10分 MiniDV
ウェイゴ・クライダー – Between 2 Deaths 2006 7分 MiniDV
ヴァンサン・グレニエ – Tabula Rasa 1993-2004 7分30秒 MiniDV
ライダ・ラートスンディ – My Tears Are Dry 2009 4分 16ミリ
ジーン・リオッタ – Observando El Cielo 2007 19分 16ミリ ※
フレッド・ウォーデン – Here 2005 11分 MiniDV
サラ・ビアギーニ – I Swim Now 2010 8分 16ミリ
マイケル・ロビンソン – Victory Over the Sun 2007 12分30秒 16ミリ ※
※ビデオ版での上映
合計 79:00

作家・作品紹介が英語案内の下にあります↓

企画[+]


“Here, There, and Between: American experimental films in the present “

2. July 2011 
16:30 open 17:00 start
18:30 open 19:00 start
admission fee  1,500yen(with 1 drink)
@UPLINK FACTORY, Tokyo 

Tomonari Nishikawa who’s working as a programmer, curator and a filmmaker based in U.S./Japan introduce  interesting films of current America.

Here, There, and Between is a screening program that I would like to give Japanese audience an opportunity to think of contemporary experimental cinema by showing recent works made in the US. All films and videos in the program have been talked about at experimental cinema scenes overseas but not yet have been screened in Japan, including Jeanne Liotta’s Observando El Cielo, a winner of Tiger Award for Short Film at 2008 International Film Festival Rotterdam, Laida Lertxundi’s My Tears Are Dry, which received Award for Most Promising Filmmaker at 2010 Ann Arbor Film Festival, and Sarah Biagini’s I Swim Now, which was premiered at this year’s San Francisco International Film Festival. – Tomonari Nishikawa

After screening , programs will also be introduced and discussed by Tomonari Nishikawa & Makino Takashi

program
Scott Stark – Driven 2005 10min MiniDV
Wago Kreider – Between 2 Deaths 2006 7min MiniDV
Vincent Grenier – Tabula Rasa 1993-2004 7.5min MiniDV
Laida Lertxundi – My Tears Are Dry 2009 4min 16mm
Jeanne Liotta – Observando El Cielo 2007 19min 16mm ※
Fred Worden – Here 2005 11min MiniDV
Sarah Biagini – I Swim Now 2010 8min 16mm
Michael Robinson – Victory Over the Sun 2007 12.5min 16mm ※
※Video version
total running time 79:00


作家・作品紹介
スコット・スターク(Scott Stark)
映像・インスタレーション作家、映像キュレーター。1980年代より作品制作を始め、多くの主要映画祭で作品を発表し、ニューヨーク近代美術館で回顧上映が行われる。また、サンフランシスコ・シネマテック等で上映プログラムをキュレーションする。2007年のグッゲンハイム・フェロー。
Scott Stark is a filmmaker, installation artist, and curator. He started making films in 1980s, and his works have been shown at major film festivals and art spaces, including a retrospective screening at Museum of Modern Art in New York (MoMA). He also works as a film curator for venues like San Francisco Cinematheque. A recipient of 2008 Guggenheim Fellow.

01 Driven (Scott Stark, 2005)
Driven
作品はビデオゲームと現実世界との境界線を曖昧にし、異なる世界の映像とサウンドが誘惑的に共鳴する様を描く。(スコット・スターク)
Driven attempts to blur the lines between video gaming and reality, finding in both a seductive resonance. – Stark


ウェイゴ・クライダー(Wago Kreider)
映像作家、映像キュレーターとしてイリノイ州カーボンデールを中心に活動する。作品は、ウィーン国際映画祭、香港国際映画祭、ニューヨーク映画祭、ロンドン映画祭等で上映され、ニューヨーク近代美術館等でも作品を発表する。2006年より南イリノイ大学カーボンデール校で教えている。
Wago Kreider is a filmmaker and film curator based in Carbondale, Illinois. His works have been screened at many film festivals, including Hong Kong International Film Festival, London Film Festival, New York Film Festival, and Viennale, as well as Museum of Modern Art in New York (MoMA). He has been teaching at Southern Illinois University Carbondale since 2006.


Between 2 Deaths
ヒッチコック映画「めまい」のフッテージと、その撮影場所の現在の様子を重ね合わせた作品は、それぞれの場所の変化を明らかにし、過去のストーリー映像と現在の記録映像によって、夢で見る旅のような映像を映し出す。(西川智也)
A camera revisits the locations shot for Hitchcock’s Vertigo, and the film reveals the changed and unchanged scenes by superimposed, faint images with a distinctive visual pace, while addressing a dreamlike journey through a narrative in the past and a documentary in the present. – Nishikawa


ヴァンサン・グレニエ(Vincent Grenier)
1970年代より実験映画作品を制作し始め、トロント国際映画祭、ニューヨーク映画祭、メディアシティ映画祭や、アンソロジー・フィルム・アーカイブズ、LAフィルム・フォーラム等のシネマテック、またニューヨーク近代美術館、ホィットニー美術館等で作品を発表する。2010年のグッゲンハイム・フェロー。
Vincent Grenier began to make films in 1970s, and his works have been screened widely at film festivals, including Media City Experimental Film Festival, New York Film Festival, and Toronto International Film Festival, as well as cinematheques like Anthology Film Archives and LA Filmforum. His works also have been shown at Museum of Modern Art in New York (MoMA) and Whitney Museum of American Art. A recipient of 2010 Guggenheim Fellow.

03 Tabula Rasa (Stairs)
Tabula Rasa
アメリカのある高校で10年以上前に撮影した映像を加工し、その学校の生徒と先生が話した、映像とは直接関係がないように思われるコメントを付け加えた。教育が団体活動を強いる過程は、校内の建物、表層、色彩などによって見受けられる。「特に目的が無いように見える外観だが、教育機関によって周到に作られている。」(ヴァンサン・グレニエ)
Revisiting footage he shot more than ten years ago in an American high school, Vincent Grenier combines deftly manipulated and layered images with oblique commentaries delivered by students and instructors. The socializing process of education is made visible in the architecture, surfaces and colours of the school, ‘in the ambiguous quality of appearances so assiduously cultivated by institutions’ – Grenier


ライダ・ラートスンディ(Laida Lertxundi)
映像作家、映像キュレーター。数多くの映画祭、シネマテック、美術館等で作品を発表する傍ら、ビルバオ・グッゲンハイム美術館、カリフォルニア芸術学院等でキュレーションした上映プログラムを紹介する。現在、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教えている。
Laida Lertxundi is a filmmaker and film curator. While her works have been screened at a number of film festivals, cinematheques, and museums, she has curated screening programs for venues like California Institute of the Arts (CalArts) and Guggenheim Bilbao. She currently teaches at University of California San Diego.

04 My Tears Are Dry (Laida Lertxundi, 2009)
My Tears Are Dry
作品は、南カリフォルニアでよく見られる美しい青空の下でのひと時を描き、彼女の心は、音楽とともに高い空へ、遥か昔、または遥か遠くの記憶の中を漂う。(西川智也)
The film exhibits a beautiful moment under a blue sky, showing a typical summer day in Southern California, and the music takes her feelings up in the air, floating through memories of the past at this particular site, or somewhere far away. – Nishikawa


ジーン・リオッタ(Jeanne Liotta)
映像、インスタレーション作家、パフォーマンス・アーティスト。主要映画祭、シネマテック等で作品を発表し、2006年にはホィットニー・ビエンナーレに参加する。「Observando El Cielo」は、2007年 Artforum 誌のベストテン短編映画に選ばれる。現在、コロラド大学ボールダー校とバード大学で教えている。
Jeanne Liotta is a filmmaker and installation and performance artist. Her works have been shown at numerous film festivals and cinematheques, as well as 2006 Whitney Biennial. Observando El Cielo was selected as Top Ten Films of 2007 in Artforum. She currently teaches at University of Colorado at Boulder and Bard College.

05 Observando El Cielo (Jeanne Liotta, 2007)
Observando El Cielo
with recordings by Ahwesh, Liotta, Mailie Colbert, Barbara Ess, & Radio Guitar
宇宙の混沌とした状態は、7年間に及ぶ様々な地域からの天空撮影によって16ミリフィルムに刻みこまれた。この作品は、隠喩やシンボルではなく、時の流れの中、知覚によって見いだされる真実への印象である。これは、地磁気を録音した超低周波音によってこの宇宙が証明している。崇高は今。汝の運命を愛せ!(ジーン・リオッタ)
Seven years of celestial field recordings gathered from the chaos of the cosmos and inscribed onto 16mm film from various locations upon this turning tripod Earth. This work is neither a metaphor nor a symbol, but is feeling towards a fact in the midst of perception, which time flows through. Natural VLF radio recordings of the magnetosphere in action allow the universe to speak for itself. The Sublime is Now. Amor Fati! – Liotta


フレッド・ウォーデン(Fred Worden)
1970年代より実験映画を制作し、トロント国際映画祭、ニューヨーク映画祭、ロッテルダム国際映画祭等での作品上映の他、ニューヨーク近代美術館、ホィットニー美術館、ポンピドゥーセンター等で作品を発表する。現在、メリーランド大学で教えている。
Fred Worden started making experimental films since 1970s, and his works have been screened at many film festivals, including International Film Festival at Rotterdam, New York Film Festival, and Toronto International Film Festival, as well as art venues like Centre Pompidou, Museum of Modern Art in New York (MoMA), and Whitney Museum of American Art. He currently teaches at University of Maryland.


Here
この作品はローレンス・オリヴィエとジョルジュ・メリエスの霊を呼び出し、彼らが密会する為に作り上げた視覚的空間である。映画が発明された頃は、突然スクリーンに現れる怪獣や、人々の不可能な踊りなど、メリエスの手による映像トリックに観客は魅了された、と私たちは聞いている。当時の観客には物語性、人気俳優、優れたアイデア等はそれほど重要ではなかったようだ。直接的な降霊術はもうたくさんだった。ここ(Here)では上手くいったのか?(フレッド・ウォーデン)
HERE is a place, an optical location brought into being through conjuring in order to accommodate a clandestine rendezvous between Sir Laurence Olivier and Georges Melies. Early cinema audiences, we are told, were mesmerized by the cinematic apparitions and impossible cavortings realized by the sly Melies. Those first paying customers had, apparently, no need for plots, movie stars or sharp ideas. Direct conjuring was more than enough. Could that work HERE? – Worden


サラ・ビアギーニ(Sarah Biagini)
シカゴ芸術学院(School of the Art Institute in Chicago)で芸術学士号を修得後、現在、スタン・ブラッケージが晩年教えていたコロラド大学ボールダー校の芸術学部修士課程に在籍する。
Sarah Biagini is holds a BFA from the School of the Art Institute of Chicago. She is now an MFA candidate in the Department of Art and Art History at the University of Colorado, where Stan Brakhage taught for more than twenty years.


I Swim Now
この作品は風景美とその構図の法則、中でも視覚の優位性と明瞭な描写を必要とする法則を探検する。ヴァイオレット・ジェソップは、ホワイト・スター・ライン社が製作し、大破もしくは沈没した3大姉妹船、オリンピック、タイタニック、ブリタニックに搭乗した客室乗務員で、映像は彼女が経験したかもしれない海上風景を表す。また、オプチカル・プリンターによって幾度も加工された映像は、彼女の身体が経験したであろう、激しく、恐ろしい状況を再現する。(サラ・ビアギーニ)
I Swim Now explores the aesthetic of landscape and its underlying set of compositional rules — one that demands visual primacy and intelligible representations. The film suggests an alternative representation of nature through the experiences of one Violet Jessop, who happened to be onboard all three sister-ships of the White Star Line — the Olympic, the Titanic, and the Britannic – while each suffered varying degrees of collision and wreckage at sea. I Swim Now evokes the intense brutality of Violet’s unique physical contact with a force of nature through its expansive accumulation of optical techniques and manipulations. – Biagini


マイケル・ロビンソン(Michael Robinson)
2000年より作品制作を始め、数多くの映画祭で作品を上映し、テート・モダン、MoMA PS1コンテンポラリー・アートセンター等の美術館、画廊でも作品を発表する。2006年のイメージズ・フェスティバル(トロント)大賞受賞。2009年には、Headlands Center for the Arts のアーティスト・イン・レジデンスに参加する。
Michael Robinson has created a body of works since 2000, and his films and videos have been screened at major film festivals and art venues, including MoMA PS1 Contemporary Art Center and Tate Modern. He received a grand prize at 2006 Images Festival in Toronto, and he was selected to participate in the artist-in-residency program at the Headlands Center for the Arts in 2009.


Victory Over the Sun
誰も来なくなった過去の世界博覧会会場は、霊、物質、自我、産業、未来派、そして失敗との間に突発的な争いを生み出す。国家と権力と栄光は汝のものなればなり。永遠に続くものなど何もない、たとえ冷たい11月の雨でさえも。(マイケル・ロビンソン)
Dormant sites of past World’s Fairs breed an erruptive struggle between spirit and matter, ego and industry, futurism and failure. For thine is the kingdom and the power and the glory; nothing lasts forever even cold November rain. – Robinson

presented by [+].

-

+25FPS

plus_25FPS

2011年8月5日(金)
[+]プログラム 18:30 開場 19:00 開演 (トークゲスト: 石田 尚志)

8月6日(土)
The Best of 25FPS プログラム 15:30 開場 16:00 開演
[+]プログラム 19:00 開場 19:30 開演 (トークゲスト: 阪本 裕文)

8月7日(日)
The Best of 25FPS プログラム 15:30 開場 16:00 開演
[+]プログラム 19:00 開場 19:30 開演(トークゲスト: 中原 昌也)

料金 : 1プログラム ¥1500(1ドリンク付き)
@渋谷UPLINK FACTORY
予約はこちらから→http://www.uplink.co.jp/factory/log/004061.php
“The Best of 25FPS Program”の全ての配収は東日本大震災の義援金として寄付いたします。

2011年の[+]の本祭は「世界で最も先鋭的でエキサイティング!」と、近年その名を世界に轟かせるクロアチアの国際実験映画祭25FPS(※)と共同開催致します。[+]プログラムは「未知の可能性をつなぐもの」をテーマに7作品をセレクト。Nova Paulによる7色の優しい幻想 This is not dying から始まり、世界の4つの架空の島を夢想し観察するBen RiversのSlow Actionまで続く一連の作品群は、鑑賞者の心とスクリーンの間にかけがえの無い虹の架け橋を創造する事になるでしょう。また The Best of 25FPSプログラムでは映画祭の過去6年間の上映作品より、 世界と行動の関係や抽象的なイメージと音のなかに物語を探求するオランダのTelcosystemsの作品や Pekka Sassi異色のホラー映画(?)Sisäinen lähiö 等8作品を選出。世界の強剛な映画たちが鮮やかに光を放ちます。対照的とも言える[+]プログラムと 25FPSプログラム。心に架かる2つの架け橋を是非合わせてお楽しみください。また夜の上映後には、毎日異なったゲストを招いて熱気高まるトークを行います。

※25FPS Experimental Film and Video Festival: 例年ザグレブで開催される国際実験映画祭。2005年、実験映画という映画分野の怠慢な状況に対するリアクションとしてクロアチアの首都に設立。当初より完全にフィルム/ビデオのために捧げられた映画祭を目指した。熱狂的な観客が集まり、今では毎年8000人程の人々がこの映画祭を訪れる。映画祭がこれだけ多くの観客を集めていることの大きな理由の一つとして、入場料が無料という事実がある。- Mirna Belina(25FPS)
http://25fps.hr/2011/

[+]では、チラシ配布、WEBでの宣伝などに協力して下さる方を募集しています(関東・関西ともに)。お気軽にメールをお送りください。 info[at]plusscreening.org

↓プログラムは英語案内の下にあります。
5 August. 2011(Fri.)
[+]program open/18:30  start/19:00 (talk-show guest: Takashi Ishida / Filmmaker, Artist)

6 August. 2011(Sat.)
The Best of 25FPS program open/15:30 start/16:00
[+]program open/19:00  start/19:30 (talk-show guest: Hirofumi Sakamoto / Film and new media critics)

7 August. (Sun.)
The Best of 25FPS program open/15:30 start/16:00
[+]program open/19:00  start/19:30 (talk-show guest: Masaya Nakahara / Musician, Novelist)

admission fee :1,500 yen (with 1 drink)
@UPLINK FACTORY http://www.uplink.co.jp/uplinkinfo/index.php
All proceeds from “The Best of 25FPS Program” will be donated to the Tohoku Earthquake relief efforts.

[+] program
This is not dying – Nova Paul 20min Newzealand
TRYPPS ♯7 BADLANDS – Ben Russell 2010 10min America
Space Time Dog – Nikolaus Eckhard 6min Austria
Endeavour – Johann Lurf 16min Austria
Emaki/Light –  Makino Takashi & Ishida Takashi 19min Japan
Slow Action – Ben Rivers 45min UK


This is not dying


TRYPPS ♯7 BADLANDS


Space Time Dog


Endeavour


Emaki/Light


Slow Action

The Best of 25FPS Program
1859 – Fred Worden,America, 2008, original format Video, 11’00”
Trash and no star! - Karl Lemieux & Claire Blanchet, Canada, 2008, original format 16 mm, 06’45”
Materia Obscura – Jürgen Reble, Germany, 2009, original format HD 14’00”
Kosmos – Thorsten Fleisch, Germany, 2004, original format 16 mm, 05’15”
Scape_Time – Telcosystems, Netherlands, 2007-2011, original sound 5.1 surround, 08’21′’
Trees of Syntax, Leaves of Axis – Daïchi SaÏto, Canada, 2009, original format 35 mm, 10’00”
Night Sweat – Siegfried A. Fruhauf, Austria, 2008, original format 35 mm, 10’00′’
Sisäinen lähiö – Pekka Sassi, Finland, 2009, original format Video, 11’20”

1859 - Fred Worden
1859

Trash and no star! - Karl Lemieux & Claire Blanchet
Trash and no star!


Materia Obscura


Kosmos


Scape_Time


Trees of Syntax, Leaves of Axis

Night Sweat - Siegfried A. Fruhauf
Night Sweat


Sisäinen lähiö

“The Best of 25FPS Program” would not exist without 25FPS and many splendid filmmakers and artist’s cooperation.

About 25FPS
Festival 25 FPS is organized by Association for Audio-visual Research 25 FPS. The festival is supported by the Office of Culture City of Zagreb, Croatian Audiovisual Centre , Ministry of Culture Republic of Croatia and Student Centre University of Zagreb. Festival takes place at Student’s Centre in Zagreb, Savska 25. 25 fps denotes the number of full video frames per second as used in the European PAL video system, in contrast to film’s 24 or NTSC video system’s 30 frames per second. website  http://25fps.hr/2011/

-

+2011 in Kyoto

2011_Kyoto

10月8-10日 @ Social Kitchen
10月11日 @ 同志社大学寒梅館クローバーホール

国内での実験映画の興隆のために日夜邁進を続ける[+](プラス)。今年もオリジナルプログラムを引っ提げて京都市内の2会場で4日間に渡り上映イベントを行います。

恒例となった牧野貴キュレーションによる[+]プログラム(8・9・10日 18:00)では、「虹」をキーワードに7作品。 映画が本来有する自由奔放さを再獲得した多彩な顔貌の作品群は、雨あがりに立ち顕れる七色の虹の如き鮮やかさで、実験映画に抱いていたモノトナスな従来イメージを払拭するにこの上ないセレクションと言えるでしょう。

連日、[+]プログラム上映後には牧野貴によるトークも予定しています。 初日の8日(土)は、Gang Gang DanceやOOIOOのPVからTVコマーシャルのアニメーションまで幅広い映像を手掛ける作家の後藤章治氏をゲストにお迎えします。 翌日9日(日)は、牧野が今年9月に単身ヨーロッパに渡り決行した2週間に及ぶ上映ツアーの報告会を、ドキュメント映像を交えてお送りします。 そして三日目となる10日(月・祝)は、『日本の電子音楽』の編著者である川崎弘二氏、司会に映像研究者の阪本裕文氏をお招きし、ジャンルを跳び越え多角的に実験映画を照射する又とない機会となるでしょう。

加えて、今年は世界最大の実験映画の祭典であるクロアチアの25FPSフェスティバル(www.25fps.hr/)の近年の上映作品の中から選りすぐったThe Best of 25FPSプログラム(10日15:30)を上映します。 [+]プログラムと趣を異にしながらも、併せてご覧頂く事で両プログラムがそれぞれに秀でてストイックである事がお分かり頂けると思います。更に、謎のユニット[plus-X]が京都上映のために1回限りのフィルムライブを決行(9日15:30)。 白昼堂々と繰り広げられる、音と映像の美しくスリリングな共犯にどうぞお立ち会いください。

11日は会場を同志社大学寒梅館クローバーホールに移し、今年1月の発表以来、世界各地で上映され話題を集める『光の絵巻』の作者である牧野貴・石田尚志によるスペシャルプログラムを開催します。 サウンドトラックに至るまで二人で担当した同作品の関西初上映に加え、両氏が選んだ自身の代表作も併映。 上映後の対談は、『光の絵巻』制作のプロセスからお互いの今後の活動の眺望にまで及ぶ、美術ファン・映画ファン両方にとって必見の内容です。

■10月8日(土) 
[+]プログラム 2011@ Social Kitchen
17:30開場 18:00開演
上映後トーク 牧野貴×後藤章治(映像作家)
料金 1000円(学生500円)+1ドリンクオーダー

■10月9日(日) 
Live_in_Kyoto2011_footage2
[plus-X フィルムライブ] by 田巻真寛 & 牧野貴 @ Social Kitchen
15:00開場 15:30開演
料金 無料 (1ドリンクのご注文をお願いします)


当日のライブ映像(抜粋)

[+]プログラム 2011@ Social Kitchen
17:30開場 18:00開演
上映後トーク 牧野貴ヨーロッパツアー報告
料金 1000円(学生500円)+1ドリンクオーダー

■10月10日(月・祝)
The Best of 25FPSプログラム @ Social Kitchen
15:00開場 15:30開演
料金 1000円(学生500円)+1ドリンクオーダー
※“The Best of 25FPS Program”の全ての配収は東日本大震災の義援金として寄付いたします。

[+]プログラム 2011 @ Social Kitchen
17:30開場 18:00開演
上映後トーク 牧野貴×川崎弘二(「日本の電子音楽」編著者) 司会 阪本裕文(映像研究)
料金 1000円(学生500円)+1ドリンクオーダー

Social Kitchen
京都市上京区相国寺北門前町699
TEL 075-201-1430
http://hanareproject.net/
※Social Kitchenの駐輪スペースには限りがございますので、公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。また、会場周辺に自転車を駐輪しないようお願いします。

プログラムは英語案内の下にあります↓

-English info-
■8 Oct. 2011(Sat.)
[+]program 2011 @ Social Kitchen
open/17:30  start/18:00
talk-show guest: Shoji Goto / Filmmaker, Graphic Designer
admission fee : 1,000 yen (students 500yen) with 1 drink order

■9 Oct. 2011(Sun.)
plus-X film live performance by Shinkan Tamaki & Makino Takashi @ Social Kitchen
open/15:00  start/15:30
admission fee : Free (1D order needed)

[+]program 2011 @ Social Kitchen
open/17:30  start/18:00
talk-show: Makino’s Europian screening tour report
admission fee : 1,000 yen (students 500yen) with 1 drink order

■10 Oct. 2011(Mon. Holiday)
The Best of 25FPS Program
open/15:00  start/15:30
admission fee : 1,000 yen (students 500yen) with 1 drink order
※All proceeds from “The Best of 25FPS Program” will be donated to the Tohoku Earthquake relief efforts.

[+]program 2011 @ Social Kitchen
open/17:30  start/18:00
talk-show guest: Koji Kawasaki / the author of “Japanese Electronic Music”,
Hirofumi Sakamoto / Film and new media critics
admission fee : 1,000 yen (students 500yen) with 1 drink order
Social Kitchenhttp://hanareproject.net/


[+] program 2011 in Kyoto
This is not dying – Nova Paul 20min Newzealand
TRYPPS ♯7 BADLANDS – Ben Russell 2010 10min America
Space Time Dog – Nikolaus Eckhard 6min Austria
Endeavour – Johann Lurf 16min Austria
In your star – Makino Takashi 25min Japan
Slow Action – Ben Rivers 45min UK


The Best of 25FPS Program
1859 – Fred Worden,America, 2008, original format Video, 11’00”
Trash and no star! - Karl Lemieux & Claire Blanchet, Canada, 2008, original format 16 mm, 06’45”
Materia Obscura – Jürgen Reble, Germany, 2009, original format HD, 14’00”
Kosmos – Thorsten Fleisch, Germany, 2004, original format 16 mm, 05’15”
Scape_Time – Telcosystems, Netherlands, 2007-2011, original sound 5.1 surround, 08’21”
Trees of Syntax, Leaves of Axis – Daichi Saito, Canada, 2009, original format 35 mm, 10’00”
Night Sweat – Siegfried A. Fruhauf, Austria, 2008, original format 35 mm, 10’00”
Sisäinen lähiö – Pekka Sassi, Finland, 2009, original format Video, 11’20”


※25FPS Experimental Film and Video Festival: 例年ザグレブで開催される国際実験映画祭。 2005年、実験映画という映画分野の怠慢な状況に対するリアクションとしてクロアチアの首都に設立。 当初より完全にフィルム/ビデオのために捧げられた映画祭を目指した。熱狂的な観客が集まり、今では毎年8000人程の人々がこの映画祭を訪れる。映画祭がこれだけ多くの観客を集めていることの大きな理由の一つとして、入場料が無料という事実がある。
- Mirna Belina(25FPS) http://25fps.hr/2011/

About 25FPSFestival 25 FPS is organized by Association for Audio-visual Research 25 FPS. The festival is supported by the Office of Culture City of Zagreb, Croatian Audiovisual Centre , Ministry of Culture Republic of Croatia and Student Centre University of Zagreb. Festival takes place at Student’s Centre in Zagreb, Savska 25. 25 fps denotes the number of full video frames per second as used in the European PAL video system, in  contrast to film’s 24 or NTSC video system’s 30 frames per second. website http://25fps.hr/2011/

主催 [+]   協力 Social Kitchen


■10月11日(火)
牧野貴・石田尚志スペシャルプログラム @ 同志社大学寒梅館クローバーホール
16:30開場 17:00開演 (20:00終演予定)

17:00 牧野作品上映
[The Seasons] 2008年/30分 
[still in cosmos] 2009年/17分

18:00石田作品上映
[フーガの技法] 2001年/19分
[海の絵画] 2007年/12分
[浜の絵] 2011年/14分

19:00 共作[光の絵巻]関西プレミア上映+対談
[光の絵巻] 牧野貴・石田尚志/2011年/16分(サウンド版)
※デジタル上映
料金 500円 ※同志社大学学生・教職員は無料(同志社内諸学校含む)


-English info-
■11 Oct. 2011(Tue.)
Special program of Makino Takashi & Ishida Takashi @ Doshisha University
open/16:30  start/17:00

17:00 Makino’s film works
The Seasons 2008 30min
still in cosmos 2009 17min

18:00 Ishida’s film works
The Art of Fugue 2001 19min
Film of the sea 2007 12min
Drawing on the sand 2011 14min

19:00 collaborated film work and talk-show
Emaki/Light Makino & Ishida 2011 16min

※Digital screening
admission fee : 500yen

同志社大学寒梅館クローバーホール
京都市上京区烏丸通上立売下る御所八幡町103
TEL 075-201-1430 (同志社大学今出川校地学生支援課)
http://www.doshisha.ac.jp/students/support2/kaprog/clover/

主催 同志社大学今出川校地学生支援課  共催 牧野貴+石田尚志, [+]

 

-

寄付のご報告

the best of 25FPSの東京・京都上映で得た配収の全て37,000円を、東日本大震災の義援金として、日本赤十字社を通じて寄付いたしました。上映に協力して頂いた25FPS、参加してくださった作家の方々、UPLINK、ご来場してくださった方々にこの場を借りて、厚く御礼申し上げます。

Here we inform about our relief donations. We donated ¥37,000 (all the money raised from the best of 25FPS program in Tokyo and Kyoto) to The Japanese Red Cross Society. All the profits will go to the Great East Japan Earthquake relief efforts. We deeply appreciate 25FPS, all the filmmakers participated in our screening, UPLINK and the audience.

 

archive: