+ Tokyo Exhibition / 東京展

9th December. 2012


Live and Screening by 3 members of [+].

2012年12月9日(日)
open 18:00 start 19:00
@音楽実験室・新世界
http://shinsekai9.jp/2012/12/09/plus/

入場料: ¥1,500 + 1 drink
インターネット予約: http://shinsekai9.jp/ticket/
電話予約: 03-5772-6767 (15:00-19:00,前日19:00まで受付)

企画: 鎌田英嗣 / Eiji Kamada , +(plus)

上映作品 / screening
in your star (25min,2011)
sound Machinefabriek
image 牧野貴 / Makino Takashi

INITIAL VAPOR (12min,2012)
sound&image 葉山嶺 / Rei Hayama

EMBLEM (16min,2012)
image&sound 葉山嶺 / Rei Hayama

Sailing across images (15min, 2012)
music 秋山徹次+中村としまる Tetuzi Akiyama+ Toshimaru Nakamura
film 田巻真寛 / Shinkan Tamaki

A Child Goes Burying Dead Insects (12min,8mm film,2009)
image&sound 葉山嶺 / Rei Hayama

ライブパフォーマンス / Live performance
Africa DUB by 田巻真寛 / Shinkan Tamaki
the intimate stars 2012 by 牧野貴 / Makino Takashi

in your star
in your star / Makino Takashi


INITIAL VAPOR / Rei Hayama
世界の背後に隠れて、小さな針穴から世界の断片をのぞく。映画の既成の長方形の多くを占めた暗闇がイメージの断片をつなぎ合わせ、’夢を見る事’とは何かを明かしはじめる。INITIAL VAPORは絵画的であると同時に記録された事実でもある。葉山嶺の最新作。


EMBLEM / Rei Hayama
絶滅の危機に瀕した野鳥の映像から構成された映画。映像は元来、この鳥の生態調査の目的で撮影された研究映像素材であるが、映画においてそれはフィクションとなる。作品は2012年にはロッテルダム国際映画祭やクロアチアの25FPSなどで上映された。

Like animals are originally one of their main motifs of emblem, image for researching threatened bird species was used in EMBLEM as a fiction but not a documentary.
transforming of our viewpoint against the world is occur to us especially when we deeply thinking the relation between us and the other lives. light of [EMBLEM] is completely projected on to the audience. it is dedicated to the act of searching relations. and it will let us re-picture the world.


Sailing across images / Shinkan Tamaki
映像と音の狭間で、知覚は曖昧に移ろう。
船で旅に出た。後方のデッキに出て、穏やかな海を眺め続けている。目の前には、広がり続ける空、傾きかかった水平線、水面に照りつける強烈な太陽光、船が海に描く軌跡。そして、エンジンと波の音、船の底から伝わる振動と心地良い風。今ここにある全ての瞬間を感じ取ろうとしている。私は海を見に来たのだ。そう思いながら、いつの間にか空想に耽っているのかもしれない。時折聞こえる汽笛が、目の前の風景を鮮明にさせる。

Perception changes ambiguously between moving images and sound.
I went on a journey by water. I had been gazing at the calm sea for hours on the back deck. Before my eyes was endless sky, the nearly leaning sea horizon, strong sunlight shining on the surface of the water, and trails on the sea traced by the ship. The sound were of the engine and waves, vibrations propagated through the ship hull, and a pleasant breeze. I’m trying to sense every moment. I am here to watch the sea. Thinking this, I will daydream even before I know it. Occasional whistles make the scene in front of me clear.


A Child Goes Burying Dead Insects/ Rei Hayama
8mm フィルムによって製作された映画。’子どもが虫の死骸を埋めに行く’という題名の通りのシークエンスが果てしなく複製され繰り返される。フィルムという媒体上で繰り返されるワンカットの映像は複製という行為により徐々に像を解体させ、そこに新たなイメージを呼び起こす。


Africa DUB (Space projection live) / Shinkan Tamaki
繰り返される運動の連続性を解体し、新たなイメージとリズムを生成した作品 Africa Ⅰ(2010)を空間全体に投影し、映像のダブ化を試みる。


the intimate stars 2012 (Live) / Makino Takashi

Profile
牧野貴 / Makino Takashi
2001年日大芸術学部映画学科撮影・現像コース卒業後、単独で渡英、ブラザーズ・クエイに師事。主に映画音楽と撮影、照明について学ぶ。その後舞台照明作家として全国を旅し、東京芸術劇場、全国のメルパルクホール等で照明を担当。2005年より単独上映会を開始。フィルム、ヴィデオを駆使した、実験的要素の極めて高い、濃密な抽象性を持ちながらも、鑑賞者に物語を感じさせる有機的な映画を制作している。また、ジム・オルーク、ローレンス・イングリッシュ、コリーン、マシネファブリーク、カール・ストーン、タラ・ジェイン・オニール等、世界最高峰の音楽家との多岐にわたる共同作業においても、世界的に高い評価を獲得している。2009年には上映組織「+」プラスを立ち上げ、今まで日本に紹介される事の無かった特別な映画作品を上映している。2011年より自身によるサウンドパフォーマンスを開始、最新作『2012』のサウンドトラックは毎回異なるライブ演奏となる。作品の発表は主に映画祭、映像芸術祭、音楽祭、芸術祭などの他、映画館、美術館やギャラリー、ライブハウスでも行う。

Takashi Makino (1978, Tokyo ) is a filmmaker working based in Tokyo. Graduated from Nihon University college of Art Department of Cinema photography in 2001, he immediately went the atelier of the Brothers Quay in London to learning music and lighting design. During 2001-2002, Makino was touring Japan, working as a stage light operator. His first solo screening show was held in Tokyo, 2005.
Makino’s works are made by both techniques of Film and Video. they are abstract, but it has organic narrative. He has been doing many unique collaborations with musicians like Jim O’rourke, Machinefabriek, Carl Stone, Lawrence English, Colleen and Okkyung Lee. His work has been shown at many international film festivals, galleries, art museum and live spaces.

葉山 嶺 / Rei Hayama(1987年,日本)
絵画制作の過程で映像に関心を持ち、2008年より制作を始める。2010年に8mmフィルムで製作された処女作品 ’ 子どもが虫の死骸を埋めにいく ’ が、国内で開催される実験映画の映画祭イメージフォーラムフェスティバルで上映され、その後もクロアチアの国際実験映画祭25 FPSをはじめ、ロッテルダム国際映画祭、European Media Art Festivalなど世界各国の映像芸術への関心が高い映画祭やメディア芸術際、ギャラリーで上映を行う。テレビのない環境で子供時代を過ごしたことから制作当初より映像に対して型にはまらない自由な態度を示し、作品の主題は、人間と自然の関係に対する考察や言語、記号へと広がりながら映像そのものにも新たな視点を投げかける。また[+]の設立メンバーの一人としても活動する。
http://reihayama.net/index

Born in Japan, 1987. Rei had started filmmaking since 2008. Her big interest and theme are the relations between wildlife and human in present. She`s also one of a co-founder and organizer of [+]. (one of the most provocative and active Experimental film screening project in Japan.)

田巻真寛 / Shinkan Tamaki
1982年生まれ。2006年からフィルムを用いて映像制作を始める。フィルムの物質性を引き出しながら、イメージの境界を行き交い、知覚の変化を促すことを主題としている。ロッテルダム国際映画祭を始め、海外での上映が続いている。
http://shinkantamaki.net/

Born in 1982, Japan. Started making moving image with 16mm film in 2006. Main theme is to instigate changes in perception by coming and going across the border of images while extracting film’s materiality. The works have been screened at many film festivals, including International Film Festival Rotterdam.

This entry was posted in 2012, archive. Bookmark the permalink.